TRASER(トレーサー)|質実剛健の真骨頂

時計業界に革命を起こした強く光り続けるトレーサー

蓄光塗料とは比べ物にならない桁違いの明るさを持つトリチウムーマイクロカプセルは、ミリタリーウォッチの歴史に大きな革命を起こし、今では軍用時計の常識と言えるほどになった。その割に知名度が低いのは、このブランドがリアルな軍用品の生産に注視してきたからだろう。だからこそ「知る人ぞ知る」というブランドなのだ。1990~2000年の間に米軍に100万個以上も納品されたという実績が、ブランドの力を雄弁に物語る。

トレーサーはトリチウム・マイクロカプセルを開発したスイスのMBマイクロテック社のブランドであるが、もともとこのカプセルを使って時計を作ったのは、アメリカのストッカー&イェールだった。1988年に米軍制式時計の文字盤に使用されていたトリチウムーペイントが規定以上の放射線を放出していると判明し、ミルスペックが変更されてトリチウムーペイントが使えなくなった。そのとき、すでに安全性の高いトリチウム・マイクロカプセルの発光システムをコンパスに採用していたストッカー&イェール社が、技術をいち早く時計に転用してトレーサーを誕生させた。ストッカー&イェール社は高い評価を受けたものの、2000年に時計部門を売却。MBマイクロテック社が継承して現在に至っている。

{{item.itemName}}
{{item.itemPrice}}円
{{item.catchcopy}}

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする