ORIS(オリス)|100年以上の歴史を持つ腕時計の名門

軍用時計のスタンダード「ビッグクラウン」を生んだORIS(オリス)

オリスの創業は今から100年以上前の1904年。創業地であるスイス・バーゼルで今も機械式腕時計を作り続けている名門ブランドだ。長い歴史の中で数多くのエポックメイキングな機構を開発してきた「オリス」だが、中でも時計史に残る大発明がポインターデイトだろう。これはデイト用の長針がダイヤル外周に刻まれた日付表示を指すことで日付を明確に知ることができるようにした機構。ポインターデイト機能を搭載した腕時計が初めて発表された1938年当時、ベゼルディスクによる日付表示機構はまだ完成度が低く安定性に欠けていた。ベゼルディスク式よりもはるかにシンプルな構造でありながら、正確に日付を知ることができるポインターデイトは多くの賞賛を集め「オリス」をトップブランドヘと押し上げたのだ。

軍用時計においても「オリス」は持ち前の先進性を発揮する。代表的な例が第二次世界大戦中に米国陸軍航空部隊に供給した「ビッグクラウン」モデルだ。これはリユース自体を大きくし、パイロットがグローブをしたままでも簡単にリユース操作ができるようにしたもの。この効果は絶大で航空部隊の作戦成功串を向上させることに貢献したことで知られる。その後「ビッグクラウン」は軍用時計の特徴的なディテールになったのである。

{{item.itemName}}
{{item.itemPrice}}円
{{item.catchcopy}}

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする