グラスヒュッテ|ミューレの哲学が生んだ腕時計

時計の町から生まれた高精度調整の技「ミューレ グラスヒュッテ」

ドイツ時計産業の父と呼ばれるアドルフーラングが、1845年、旧東ドイツ・ドレスデン南部の町・グラスヒュッテを訪問した。彼は貧困にあえぐ町の様子を見て、政府に時計産業で町おこしを提案。そして資金を引き出すことに成功。町はドイツ時計の中心地として栄え始めると、多くの時計職人が育ち、グラスヒュッテで多くの時計メーカーが創業した。その中に、高精度計測機器のメーカーとして出発したミューレ社があった。

第二次世界大戦を通して、東ドイツ体制でミューレ社は国営化されるが、東西ドイツが統合され、1994年に再興。新生ミューレがまず取り組んだのは、船舶航海用時計だった。日差最大O’01秒という革新的クォーツーマリンークロノメーターの開発に成功して世界の注目を浴びる。また、時計作りにおいても確かな実力を持っていたので、その翌年から機械式時計の製造を始める。

ミューレの原点は測定器だ。だから今でも「時計は測定機器」という哲学を守り続けている。機能を最優先にした無駄のないフォルムと堅牢な時計作り。ミューレ・ファインチューニングと賞賛される高精度の調整は、ミューレのお家芸となって、絶対的な信頼を獲得している。

{{item.itemName}}
{{item.itemPrice}}円
{{item.catchcopy}}

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする