HAMILTON(ハミルトン)|鉄道で鍛えたれた技術が生きる

ハミルトンのカーキフィールドシリーズ

1892年、ペンシルバニア州で鉄道時計のメーカーとして創業したハミルトン。この時代の米国は経済発展を遂げ、多くの人や物が米国全土を移動していた時代だった。その運搬を支えたのが鉄道。そして運行を管理していたのは時計だった。しかし、この頃の時計は精度がとても低く、これが障害となり鉄道による大惨事も発生していた。ハルミトンは、乗務員や乗客の命を守るため、鉄道時計メーカーとして計時の精度と耐久性を高めるために努力し、技術力を確立していった。そして創業10年目には公認鉄道時計の栄誉を受けるほどまでに達していた。

1914年、アメリカ陸軍の名将、パーシング将軍の要請で腕時計を献上、これが、ハミルトンの技術力の高さを証明するきっかけとなり、ミリタリーウォッチとして継承される。第二次世界大戦中には多くの兵士に時計を供給した。「冒険」の名を冠した。”カーキ”はミリタリーウォッチとして誕生したブランドだ。求めたのは、精度はもちろんのこと、高い視認性と対振、対衝撃、対磁性。そして、どんな環境にも耐えうる強靭さを保ちながら、活動を妨げることのない装着感と軽量性だった。この時代のスピリットは、時を経た今でも受け継がれ、フィールド・ウォッチの代名詞となって、多くの人々に愛されている。

{{item.itemName}}
{{item.itemPrice}}円
{{item.catchcopy}}

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする